観光する
Yosano Sightseeing

ちりめん街道重要伝統的建造物群保存地区

与謝野町加悦地区の旧街道は「ちりめん街道」と呼ばれ、商家や医院、銀行などかつての町の賑わいを伝える建物が多く残されています。
旧尾藤家住宅 0772-43-1166
旧尾藤家住宅 京都府指定有形文化財

文久3(1863)年に再建された生糸ちりめん商家で、昭和初期に増築された洋館もあります。尾藤家代々の当主は江戸期に大庄屋、明治以降に丹後銀行頭取、加悦(かや)鉄道社長、加悦町長などを歴任しました。
大人200 円、小・中学生100 円  ※団体(8名以上)割引あり
9:00 ~17:00 
月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始 
与謝野町加悦1085
0772-43-1166 http://www.kyt-net.jp/~bitouke/

加悦SL広場 語り部の会ガイドのご案内

123号蒸気機関車など27両の貴重な車両を展示する他、珍しい手動式の転車台、場内周遊ミニ列車「ロケット号」などがあり、毎年11月上旬には周年祭が行われます。休憩は車両を改造した「カフェトレイン蒸気屋」で。

中学生以上400 円、小人(3歳以上)200 円 ※団体(20名以上)大人360円、小人180円

10:00 ~17:00
無休 
与謝野町滝941-2
0772-42-3186 http://www.kyt-net.jp/kayaslhiroba/

123号蒸気機関車(加悦鉄道2号機関車)国指定重要文化財

かつては明治7(1874)年に開通した大阪~神戸間で活躍していた機関車です。加悦鉄道創業に伴い購入され「2号機」と名称変更されました。昭和31(1956)年まで稼働。

旧加悦鉄道加悦駅舎(加悦鉄道資料館)

実際に使われていた旧加悦駅舎を移築したもので、洋風の木造2階建ての駅舎前には珍しい腕木式(うでぎしき)信号機や懐かしい郵便ポストがあります。鉄道資料室では加悦鉄道に関する資料を展示しています。
9:00~17:00
原則として、土曜日、日曜日、祝祭日 開館
与謝野町加悦433
0772-43-0232(但し開館のみの対応です)
加悦鉄道

大正14(1925)年に設立された加悦鉄道は、丹後ちりめんの輸送をはじめ、住民の交通手段として、また、太平洋戦争期には大江山から採掘されたニッケル鉱土の搬出路線として活躍しました。地域に根付いた鉄道は、廃線までの約60 年間、多くの人に愛されました。

大内峠一字観公園

日本三景「天橋立」の横一文字の眺望が素晴らしい自然体験施設。パノラマコテージやテントサイト、シャワー棟などを完備しており、アウトドア初心者にもうれしい環境です。中でも5棟あるパノラマコテージは大人気。周辺には緑に囲まれた地域住民憩いの場、松の平や、岩滝から京丹後市へ抜ける府道沿いに湧く、長命いっぷく名水などがあります。
開園期間
4/1~11/30 利用受付は3/20から 
※12/1~3/31の間は、閉園のためパノラマコテージ等の公園施設はご利用いただけませんが、公園内の散策は可能です。
(いずれも1泊料金)コテージ10,000円(加算額大人1人1,000円、小人1人500円)、テントサイト1,500円/区画、炊事等1 日1,000円ほか
与謝野町弓木坂尻3211
0772-46-0052 http://www.kyt-net.jp/~ichijikan-kouen/

丹後ちりめん歴史館

老舗の織物会社の跡地に昭和初期の面影を残して整備されたミュージアム。館内では丹後ちりめんに関する資料や写真、珍しい「八丁撚糸機」などの展示の他、事前に電話予約すれば手機体験もできます。
入館無料
9:00~17:00
無休
与謝野町岩屋317
0772-43-0469 http://www.mayuko.co.jp/rekisi/pr.html

野田川親水公園

加悦SL広場に隣接し、大江山連峰から注がれる野田川のせせらぎが心地よい、地域の憩いの場。春には河川敷に植えられた桜が満開になり、花見客などで賑わいます。
与謝野町滝

与謝野町立江山(こうざん)文庫

与謝野礼厳や鉄幹、晶子などの与謝野町ゆかりの歌人や、高浜虚子、山口誓子といった俳人たちの短歌や俳句に関する掛け軸や短冊など、所蔵する作品点数は3000を超えます。企画展をはじめ、江山文庫俳句大賞の開催など、一年を通して、さまざまな地域文化を発信しています。
大人200円、小・中学生100円  ※団体(8名以上)割引あり
10:00~17:00
月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
与謝野町金屋1682
0772-43-2180  http://www.kyt-net.jp/kozan/

与謝野町立古墳公園 語り部の会ガイドのご案内

国史跡の蛭子山(えびすやま)古墳と作山(つくりやま)古墳を整備した古代歴史公園。大型前方後円墳(145m)をはじめ、円墳や方墳など、4~5世紀に隆盛した丹後王国を偲ばせるバラエティー豊かな古墳がそろいます。
また、古墳公園の敷地内にあり、町内で出土したはにわなどの実物を展示しているほか、まが玉作りの体験(有料)もできます。
大人300円、小・中学生150円 ※団体割引あり
9:00~17:00
3~11月は月曜日、12~2月は月・火曜日(ともに祝日の場合は翌日)、年末年始
与謝野町明石2341

0772-43-1992 http://www.kyt-net.jp/tangonokofun/

加悦双峰(そうぼう)公園

鬼退治伝説で有名な大江山の登山口にある標高約500m の公園・宿泊所。大江山連峰と加悦谷平野を一望することができ、研修棟、バンガロー、オートキャンプ場やキャンプ場なども充実しています。
開園期間
4/1~11/30
※12/1~3/31の間は閉園のため、センターハウスを閉鎖しているため、バンガロー等の公園施設はご利用いただけませんが、公園内の散策は可能です。
(いずれも1 泊料金)バンガロー7,500 円、オートキャンプ場4,500 円/ 区画、キャンプ場2,500 円/ 区画
与謝野町与謝赤石292-2
0772-43-1581

野田川フォレストパーク

遊歩道や展望台、屋内交流広場のほか16ホールのグラウンドゴルフ場などがあります。ちびっ子広場のローラー滑り台(全長45m)は子どもたちに大人気! バーベキューセットの貸し出しも行っています。
入場無料 ※管理センターやグランドゴルフなどの利用は有料
(管理センター)月曜日 
与謝野町三河内
0772-42-4411

クアハウス岩滝

天橋立を望む高台の温泉保養施設。「天の橋立岩滝温泉」を利用した水着着用のバーデゾーン(水着レンタル無料)、32mのウォータースライダー付きプール、広々としたリラックスラウンジ(無料)、ヘルシーメニューが充実したレストランなどがあります。
(入浴・裸浴)大人500円、(全館利用)大人1,200円ほか
10:00~22:00 ※入館は21:30まで
木曜日(祝日の場合は翌日)
与謝野町岩滝470
0772-46-3500 http://www.dolphin-group.co.jp/kurhaus-iwataki/

滝の千年ツバキ公園 京都府指定天然記念物

推定樹齢約1000年、日本最古のヤブツバキとされる「滝のツバキ」が3月下旬から4月上旬にかけて開花し、濃紫紅色の花が緑の枝葉の間を埋め尽くす様は圧巻です。周辺は公園が整備され、開花時期にはイベントも催されます。
与謝野町滝

加悦椿文化資料館 

ツバキの花弁の形を模したユニークな外観で、千年ツバキの里のシンボルとなっています。ツバキをテーマにした絵画や書、陶磁器などが展示のほか、ツバキに関する学習コーナーもあります。
大人200円、小・中学生100円
9:00~17:00
3~5月は月曜日、6~11月は月・火・水曜日(ともに祝日の場合は翌日)、12~2月は冬季休館
与謝野町滝1986
0772-43-2161

上司谷公園

「あじさい公園」として地域住民に親しまれ、梅雨の時季には、上司谷川一帯は約3000本のアジサイが咲き誇ります。毎年6月には「あじさいまつり」が開催され、各種模擬店や特設ステージが設けられます。
与謝野町金屋

雲岩(うんがん)公園 京都百景・京都の自然200選

4月上旬に約5000本が美しい花を咲かせるツツジの名所です。頂上の雲岩(くもいわ)には、文殊菩薩を警護する毘沙門天の乗ってきた雲という伝説が残されています。開花時期にはイベントも催されます。
与謝野町岩屋

与謝野町ひまわりフェスティバル

毎年開催される与謝野町の夏の風物詩。5haの休耕田に約20万本のひまわりが咲き、イベント期間中は「巨大ひまわり迷路」や「どろんこバレーボール大会」など楽しい企画が盛りだくさん。
与謝野町金屋(リフレかやの里北側)