与謝野町観光協会 与謝野日々是

天橋立・与謝野の旅と体験
〈京都府〉与謝野町観光協会
与謝野日々是 > 与謝野を観光する > 丹後ちりめん歴史館|シルク製品400種類以上|生地切売り・はぎれ
シルク製品400種以上の織物ミュージアム

丹後ちりめん歴史館

Tango Chirimen History Museum
野田川
エリア
地元丹後をはじめ、全国からシルク製品が集まる織物ミュージアム。実際の織物現場で使用される力織機がすぐそばで見学できる、昭和初期の面影を残した施設です。丹後ちりめんの技術革新のきっかけであり、世界的に見ても希少な「八丁撚糸機」も展示されています。
天井のギザギザ屋根は特徴的で、絹糸を見えやすくするために自然光をやさしく取り込むこと、そして力織機の大きな音が響きにくくするため、という2つの目的があったと言われています。

Feature

シルク製品を始めとした
約400種類のアイテム

必需品となったマスク、人気のシルクスカーフをはじめ、400種類以上のアイテムをご用意。シルク浴用タオルやスキンケア用品、着物・和装関連品、ブラウス等の洋服のほか、10cm単位での生地の切り売りやはぎれも人気です。

織物の現場で使用される
力織機・八丁撚糸機を展示

実際の織物現場で使用されていた織機・撚糸機を展示しており、丹後ちりめんの歴史を肌で感じていただけます。地域文化を伝承する施設として歴史を保存しています。ご希望の方にはコースターの手織り体験も(個人の方のみ。要予約)。

織物産地ならではの
リーズナブルな価格

着物等に使用する反物などが、シルク直売所ならではのリーズナブルな価格で手に入るのも魅力の1つ。本施設で生地を購入し、無地染め・仕立てまででなんと6万円〜で可能です。製造から販売までを一貫して行うことでこの価格を実現しています。

織物工場を活用した建物

本施設は織物工場の跡地をそのままミュージアムとして活用したもの。明治30年に丹後で最初の織物工場として始まり、昭和2年の丹後大震災で大きな被害を受けましたが、昭和10年に再建されました。天井を見上げると地図記号で表されるのこぎり型の三角屋根がそのまま残っており、昭和初期の名残を感じていただけます。

地場産業の発展を願って

丹後ちりめん歴史館は、3代目社長が地場産業の発展を願い、「観光と地場産業を結びつける」というコンセプトではじめた施設です。単なるシルク製品のお店ではなく、見る・触れる・体験する、そして品物も求めることができる場所として2001年に誕生して以来、地元丹後はもちろん、全国各地からシルク製品が集まる場所となりました。

Photos

Information

老舗の織物会社の跡地に整備された織物ミュージアム。実際の織物現場で使用される力織機の展示や珍しい「八丁撚糸機」などを展示。
名称丹後ちりめん歴史館
エリア野田川
住所京都府与謝郡与謝野町字岩屋
TEL0772-43-0469
営業時間9:00~17:00
料金入館無料
定休日無休
駐車場有(観光バスも可)
備考■サービス案内
○生地切り売り(10cm単位)
○コースター手織り体験(個人の方のみ)
○着物関連
染め 10,000円〜 仕立て 35,000円 生地 15,000円〜
■取り扱い商品(約400種類)
例:丹後ちりめん製品、着物、着物生地、洋装生地(10cm単位で切り売り)、はぎれ、風呂敷、ふくさ、数珠入れ、巾着、和装小物 ブラウス、シャツ、スカーフ、ストール、ハンカチ、下着、靴下、バッグ、ネクタイ、ポケットチーフ、名刺入れ、 マスク(シルク他)、タオル、ボディタオル、浴用タオル、シルク化粧品、入浴剤、スキンケア用品 ほか
HPhttp://www.mayuko.co.jp/rekisi/pr.html
Page top