与謝野町観光協会 与謝野日々是

一社)京都府北部地域連携都市圏振興社
与謝野地域本部与謝野町観光協会
与謝野日々是 > 与謝野を観光する > 旧尾藤家住宅|江戸時代の生糸ちりめん商家
江戸時代の生糸ちりめん商家

旧尾藤家住宅

KYU BITOUKE JUTAKU
加悦
エリア
江戸時代末期文久3年(1863年)に建築された丹後ちりめん商家です。白壁とちりめん格子、土塀の上にさりげなく据えられたガラス製の丸い街灯など、外観も独特の雰囲気を醸し出しており、ちりめん街道のシンボル的存在です。明治・大正期には蔵や座敷など増改築が行われ、昭和3年には11代尾藤庄蔵が念願の洋館を大林組設計部長 今林彦太郎(甲子園球場の設計者)の助言を受け建築しました。
旧尾藤家住宅は関西北部の大型農家を基本として丹後ちりめん商家の要素を加え、さらに昭和初期の洋風住宅建築が付加されている貴重な建造物です。その和と洋の世界が融合した建築が高く評価され、平成14年3月26日、京都府指定有形文化財に指定されました。

Feature

新座敷

第11代庄蔵の息子・卓造氏が新婚の際利用していた部屋。床柱には松竹梅それぞれの木材が使用されています。 ※写真は着物の企画展示中のもので、期間中は季節ごとの着物が展示されます。

2階 洋館応接室

旧尾藤家の新座敷棟の2階は洋風のつくりをしており、第11代庄蔵が青年期より夢を抱いていた空間です。椅子や机、ベッドなどすべての調度品は製作図面が残されており庄蔵による特注品でした。

内蔵(映写室)

内蔵を一部改装し、尾藤家の歴史、ちりめん街道の歴史などを紹介するビデオを上映しています。また、奥北蔵では尾藤家の歴史、住宅建築にあたっての設計図等の資料を常設で展示しています。

尾藤家の歴史とリーダーシップ

明治18年に生まれた11代尾藤庄蔵は青年期より洋風建築に関心があり、書物を求めては勉学に励みました。のちに、加悦町長に就任するのですが、その前年(昭和2年)に未曾有の丹後大震災が起こり、加悦町(現与謝野町)も大きな被害を受けました。尾藤町長はその手腕を発揮し、復興事業として役場の新築、道路建設と、現在の町の基礎づくりを進めました。

洋風建築が映える設計

11代尾藤庄蔵は加悦町長として町の復興に尽力しながら、念願の洋館建築にも着手して自宅尾藤家住宅の洋館建築にとりかかります。洋館は当時大阪・大林組設計部長の今林彦太郎に細部の指示 ・助言を仰ぎながら建てられ、昭和16年頃に新座敷(洋館棟)前の浴室・トイレ・米蔵・供部屋・味噌蔵が増築されて、現在見る尾藤家住宅の姿となっています。

Photos

Information

1863年(文久3年)に再建された生糸ちりめん商家。この時代には珍しい洋館あります。
名称旧尾藤家住宅
エリア加悦
住所京都府与謝郡与謝野町字加悦1085
TEL0772-43-1166
営業時間9:00~17:00
料金大人440円、小・中学生110円 ※団体割引あり(8名以上お問い合わせください。)
定休日水曜(祝日の場合は翌日)、年末年始
駐車場無料駐車場有り 旧加悦町役場庁舎駐車場、いきいきふれあい広場駐車場
HPhttps://yosano-kankou.net/chirimenkaido/?page_id=162
与謝野町観光協会 会員企業
Page top