たのしみは 大内峠に きはまりぬ
まろき入江と ひとすぢの松

大内峠エリア与謝野鉄幹

 大内峠一字観公園内の妙見堂の傍らに、与謝野町ゆかりの歌人、与謝野鉄幹(寛)・晶子夫妻の歌碑が残っています。

 本のしおりを模した石碑の一方の面に鉄幹の短歌が、他方に晶子の歌が刻まれています。鉄幹・晶子の歌が並んだ歌碑は全国に存在しますが、両面に刻まれている例はまれです。
 昭和五年五月に丹後を訪れた鉄幹・晶子夫妻。二人はここ大内峠で多くの歌を詠みました。また前日には岩滝小学校で講演も行っています。この講演会を主催した岩滝町婦人会が創立十周年を記念して設置したのがこの歌碑です。側面には夫婦が訪れた昭和年五月二十一日の日付が刻まれています。

【歌意】
橋立の見方、楽しみ方はさまざまであるが、極めつけはなんといっても大内峠からの眺望であろう。丸く孤を描く阿蘇海の入江の中にただ一筋、松の緑に彩られた橋立が真一文字に走る様は、簡素であるがゆえに、足す物も省く物も無い美しさがある。

二人がこの町の美しさに感嘆した様子が、今日の眺望と碑に刻まれた文字、そして歌から伝わってくるようです。

周辺のロケーション

与謝野晶子の歌碑と同じく、与謝野町岩滝地区にある大内峠「一字観公園」内にあります。前述のとおり、1つの石碑の一方の面に与謝野晶子、もう一方の面に与謝野鉄幹の歌が刻まれています。

一字観公園は、日本三景 天橋立が横一文字に見えることから「一字観」と言われ、天橋立の絶景を眺められることはもちろん、コテージ・キャンプ場も併設しており、行楽シーズンの人気スポットでもあります。

この歌碑は、一字観公園の駐車場からすぐ、管理等の左側の小さな坂を登った先、妙見宮の隣にあります。付近には徒歩で散策できる距離内に、その他の歌碑・句碑が点在しておりますので、ご一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。

アクセスマップ
与謝野の歌碑・句碑めぐり
▶歌碑句碑トップ