与謝野町観光協会 与謝野日々是

天橋立・与謝野の旅と体験
〈京都府〉与謝野町観光協会
与謝野日々是 > 一人暮らしが、幸を呼ぶ。
ヨサヲとミヤコの往復書簡 京都に憧れる与謝野のヨサヲ。与謝野に憧れる京都のミヤコ。往復する2つの想いは、ただの雑感? それとも…。
一人暮らしが、幸を呼ぶ。 令和3年2月3日

ミヤコさん

 早1月が去ってしまい、逃げる2月がやってきました。共通テストで盛り上がった1月ですが、今月からいよいよ本格的に私立大学の入試がスタートします。非常事態宣言も3月7日までの延期となり、多くの大学を抱える東京、京都などは、大学も受験生も宿泊施設も、神経質な日々が続きますね。どうぞ関係者の皆さん、難儀な環境ですが、頑張ってくださいね。

 大学に通う学生の中には一人暮らしの方も多いことでしょう。本来なら親元を離れ、解放感いっぱいワクワクした気持ちで飛び立つ時期。しかしながら昨年今年はちょっと違う。コロナ禍での入試、コロナ禍での一人暮らし。昨年は、長い受験勉強を終え、新しい門出であったはずも、大学キャンパスで集うこともなく、外出自粛の自室生活。夢と希望でふるさとを後にしたものの、知らない土地での孤独な自室暮らし。そりゃ、気分もめいるし、何より人に会わないんだから寂しくなるよなあ。ほんと、頑張れってエール送りたいです。

 以下は、一緒にこの地域を盛り上げてくれている福知山公立大学の学生の一文です。
 〇一人暮らしを始めて2年、最近感じるのは実家のありがたみです。一人暮らしだと、自炊、洗濯、買い物、掃除、全てのことを1人でしないといけないため、「両親ってやっぱりすごいな」と日々感じています。特に風邪をひいた時にすごく感じます。   一人暮らしで風邪ひいた時って結構辛いですよね。福知山に行くと決まった時も、「よく風邪をひくけぇ心配。ほんとに大丈夫?」と心配され、最近も「喉とか痛くない?大丈夫?」というLINEがきます。(笑) そういったLINEが来ても私は、「もう子供じゃないんだし、大丈夫よ」と、無愛想な返信をしてしまいます。(笑)それでも一人暮らしをしているのは心配なんでしょうね。(笑)月に2回ほど野菜やらを送って貰うのですが、必ず手紙付きで送ってくれます。

 普通の一人暮らしの風景ですが、とてもほのぼのします。LINEのやり取りもあれば、実家からの手紙を添えた野菜の配送。(今っぽい親子のコミュニケーションです。)

 コロナ禍で一人暮らしをする子供を温かく見守るご両親の姿が思い浮かびます。こんな状況でなければ学生の皆さんも親のありがたみって感じなかったかもしれない。
 寂しさ、無念さ、くやしさを共有し、お互い元気で過ごす時間の中で育まれる信頼関係や思いやりは、きっとコロナ終息後に倍返しどころではない喜びや幸せとなって返ってくるに違いないです。

ヨサヲ
干支の丑を撫で、合格祈願! 令和3年2月3日

ヨサヲさま

 大学入試を何という名称で呼ぶか、によって年代がわかりますよね。国公立共通を経て、共通一次が約10年、そして大学入試センター試験が約30年。私もついつい「共通一次が…」と口を滑らしそうになります。
 今回の大学入学共通テスト、初年度にもかかわらずコロナ禍に見舞われて、一時は開催すら危ぶまれました。英語を巡ってドタバタもありました。昨年春には「いっそ国際的なスタンダードである9月入学に」「非常時だから思い切ってできる」と世論二分の騒動になりましたが、見送られたとたん、あまり話題にもならなくなりました。ある意味、ちょっと日本的です。

 そんなスタートですが、スムーズでよかった。そして、地理問題は感涙ものでしたね!「これを全国の若者が受けたのか!」と思うと、うれしくなりました。実は、地域深掘りシリーズは過去にもあり、これまで宮崎市や岐阜県高山市が対象になったそうです。アタマを絞って考えた丹後地域、実際にはどんなとこ?絶対行きたくなりますよね!
 ブラタモリも面白かった!天橋立神社への海からのアプローチや、海岸線の名残の線路横の池など、ああ、まだまだ知らないことがいっぱい。とりあえず、あの周辺を歩き直そう!とソワソワさせられました。

 それにしても受験生、「ありがとうブラタモリ!」って。大丈夫か?本番直前にテレビ見ていて。みなさんのサクラサク(これも古いな)を祈り、学問の神様・北野天満宮で「撫牛」をしっかりなでてきました。傍らには消毒用アルコールも完備されていました。
 訪れたのは小春日和、晴天の朝。天満宮の境内では紅白の梅のつぼみも膨らんで、周囲にやさしい香りを漂わせています。合格祈願の若者だけではなく、幅広い世代の参拝者が大きな牛の絵馬が掲げられた楼門を見上げていました。
 祭神の菅原道真は丑年生まれ。亡くなった際に牛車で体を運び、この地で牛が歩みを止めたためここに葬った、という逸話が残ります。
 緊急事態宣言下、残念ながら1月の初天神は中止となりましたが、境内には大小さまざまな牛がいて、探してめぐるのも楽しいですよ!受験生だけでなく、胸に秘めた願い事があるみなさま。ぜひ、芳香を胸いっぱい吸い込んで、ナデナデしてください。きっとご利益ありますよ。ちなみに駐車場も無料。太っ腹!

ミヤコ
与謝野町観光協会 会員企業
Page top