今年もまた、新米の季節。感謝。

ことのはコラム「新米の匂ひ」新米も まだ草の実の 匂ひ哉 蕪村

 与謝野町ゆかりの俳人・与謝蕪村が新米を詠んだ句。
 「新米」「匂ひ」と来ると、炊き上がったご飯の美味しそうな匂いを連想しがちですが、この句の新米はまだ収穫したての生米。籾殻も付いたままの新鮮な生米から草の実のような匂いがするとうたっています。
 とくに当地を詠んだ句ではありませんが、収穫したばかりの新米の匂いと、動画のような炊き立てつやつやの新米の匂い、その両方を満喫できるのは、米どころならではの贅沢です。
 胸一杯、お腹一杯に新米
「いただきます!」

◀前のムービーへ
▲ムービーの一覧へ