はしり去る雲の波に あらわれた里並み。

ことのはコラム雲早し雲にあらはれ雲に消(き)ゆ大江の山は天の大馬(おおうま)  鉄幹

 与謝野町ゆかりの歌人、与謝野鉄幹さんが昭和五年五月に当地を訪れた際に町の名勝・大江山を詠んだ短歌です。
 加悦谷に風が強く吹きすさぶ一日、流れ飛ぶ雲の合間に大江山が現れては消え、また現れる。その動きはまるで天空を駆け抜ける大きな馬のようだ、とうたっています。
 大江山を見上げる、あるいは動画のように大江山から加悦谷平野を見下ろす、どちらの眺望も、大江山に抱かれたわがまち与謝野町が誇る大パノラマです。
 この時期、秋の夕日に染まった雲もおすすめです。
飛ぶ雲に秋の日あたり
そのもとに
大江の山の盛れるうす紅
鉄幹

◀前のムービーへ
▲ムービーの一覧へ
次のムービーへ▶