writer
上埜妙子
福知山公立大学
地域経済学科
2回生

みなさん、こんにちは。福知山公立大学二年の上埜妙子です。

なんだかぽかぽか陽気になってきて、福知山は冬らしい雪景色をほとんど見ずに春を迎えることになりそうです。福知山での二度目の冬は過ごしやすかったけれど、やっぱり雪がない冬には物足りなさを感じてしまいます。(笑)

前のコラムは、20歳になった友達への素敵なお酒のプレゼントのお話でしたね。

私もやっとお酒が飲める歳になったのですが、「20歳になるまでは絶対にお酒は飲まない」と決めていた分、お酒への期待?が高くて初めて飲んだお酒の味は、あまり美味しいと思えませんでした…。みなさんは何歳ごろからお酒の美味しさが分かるようになりましたか?

 

さて、お話は変わって福知山公立大学は絶賛春休み中!

春雨が続く中、一時の晴れ間に家の裏にある小さな畑を耕しました。去年の10月に今の家に引っ越してきて「春になったら畑を始めるぞ!」と意気込んでいたので、やっと作業を始めることができてうれしい気持ちです。でも慣れない鍬での土おこしは筋肉痛になりました(笑)

私は夏野菜とさつまいもが大好きなので、小さな畑に何をどうやって植えていこうか考え中です。土おこしをすることは畑の再スタートですね。過疎の地域も畑のようなもので土おこしをするところから何かが始まるのかな、なんて。

 

みんなはどんな春休みを過ごしているのかな?

一覧にもどる