writer
上埜妙子
福知山公立大学
地域経済学科
3回生

みなさん、こんにちは!

買い物が終わってスーパーから出た途端に、蒸し暑すぎたのかメガネが曇って視界がぼやける!という現象が起きて、一人で驚いた上埜妙子です。外は蒸し風呂状態ということなのでしょうか…

 

さて、先週の酒井くんのコラムで取り上げられていたイベントに私も参加していて、びしょ濡れになりながらドラム缶を転がしてきた(!?)訳ですが、只今、大学は絶賛期末試験中!!

私は大学生活3年目になるのに、毎回この期末試験期間はドタバタしてレポートの提出がギリギリになってしまうので、今回こそは余裕をもって夏休みを迎えたいです。

と、言いながらもこの時期は地域のお祭りのお手伝いに参加することも多くて、やっぱり夏を楽しんでしまってます。

 

私は長野出身なので京都といえば祇園祭!と思っていたけど、福知山や丹後地域の夏は地域独自の盆踊りや地区のおっちゃん達の屋台、海辺の花火大会など、地域に根差したお祭があってどちらも魅力的だなぁ。

ちなみに今年の私は祭のお手伝いで、金魚すくい屋さんを二回ほどやらせていただきました。

金魚すくいに夢中になる子供達、大きなお子さんの目はとてもキラキラしていました。

お祭りの準備って実は結構大変なんですけど、こんな楽しんでいる姿を見ちゃったらお祭りを支える人たちの頑張りも報われますなぁ…

 

期末試験を無事に終えて、夏を存分に楽しみます!!

 
 
 
 
 
 
 
 
writer
酒井 陽平
福知山公立大学
地域経済学科
3回生

お久しぶりです。福知山公立大学の酒井です。段々に蒸し暑くなる今日この頃ですが、みなさん、熱中症など大丈夫でしょうか?

最近、就職活動で、首都圏に向かうことが多くあります。そんな中、よく目についてしまうのが田舎のデメリットです。 同じような人って結構いるんじゃないでしょうか。

でも都会にはない田舎の誇りはなんでしょうか?実はあまり気づいてないだけで、結構あるんじゃないかと思います。

例えば、田舎は社会問題に強い危機感があります。なぜなら直接影響を受けているからです。

これは一見デメリットにも見えます。しかし、人が一致団結する観点では、逆にメリットになりますし、本気で地域の社会問題に立ち向かっている人が沢山いるのは、すごいことじゃないでしょうか? ぜひ、皆さんも遊びにきて、地域の人に話しかけてみてください。その本気さが伝わってきますよ。(写真について:地域を盛り上げるため、地域にあるもので知恵を絞った結果、関西一帯から集まるイベントが生まれ、今年も開催されました!)

writer
清水まどか
福知山公立大学
地域経済学科
3回生
こんにちは。清水です!
 
先週のコラムは、1回生が入ってきて大学にも新たな風が吹いている、という話でしたね。1回生が入ってくると、その分自分が上級生になっているのだなと私は実感します。今年度、3回生となった私は大学生活の折り返しを迎え、就活を本気で考える時期になってきました。そして6月1日はついにインターンシップ解禁日。企業によってはこのインターンシップが採用に関わってきたり、内々定が決まったりするので気が気ではありません。「いくらメンバー」は3回生で構成されているので、そろそろみんなもエントリーしていたりするのかな…。学業と就活。どちらも大切ですから、今後はより忙しくなりそうです(苦笑)
 
 さてさて、そんな忙しくなる中で私は消防団の活動に精を出しています。昨年度から所属しているカラーガード隊に加え、今年の春から地域の分団にも所属することにしたのです。特に地域の分団の方では規律訓練や員数点検をはじめ、水出し訓練など経験のないものばかり。貴重な体験をしつつ、こうやって地域の防災に関わっていくのも良いなと感じています。学生も若干名いますが、もう少し増えてくれると良いですね。自分の住む地域を自分達で守るという意識が芽生え始めている今日この頃です。
writer
上埜妙子
福知山公立大学
地域経済学科
3回生

5月とは思えないような熱中症の危険もでてくる気温の日もある最近。

京都の海はそろそろ海水浴のお客さんで賑やかになる頃でしょうか?

 

賑やかといえば、福知山公立大学では最近少し困ったことがあります。それは学食の列が長すぎるということです。

大学の公立化によって毎年全校人数が増えているのですが、学食は変わらず1ヶ所なので、お昼時には食券を買うながーい列ができるようになってしまいました。他の大学ではそれが当たり前なのかもしれませんが、少ない人数だった頃を知っている私たちにとっては少しだけおっくうに感じてしまう時があるのです。

でも、人数が増えて嫌なことといえばそれぐらいのものです。たくさんの学生がいるおかげで学校全体が活気づいた感じがするし、何より、色んなことができるようになったと思います!

人の力、数の力というのは素晴らしいものですね。

 

私が大学でやっている畑のプロジェクトにも一年生が数人入ってくれて、この前は草刈り機を使った草刈り体験会をしました。住民の人たちは特に何も思わない作業も、初めて体験する学生にとってはとても刺激的だったようです(笑)

福知山公立大学に通う学生には色んなことに挑戦してほしいなぁと少し上から目線になってしまう三回生の上埜妙子でした。

writer
酒井 陽平
福知山公立大学
地域経済学科
3回生

前回はGWの話でしたね、与謝野のお祭りについてでした。

私はGWに京都の海に行きました。あまり京都というと海のイメージがないかもしれませんが、天橋立や舞鶴に代表されるように京都にも海があります。そして、実は与謝野町からもとても近い距離に海があるんです。連休中でしたが、車がないとアクセスが難しいこともあり、観光地でない海はプライベートビーチでした。ただ時期的に、クラゲが多いこともあり、打ち上げられたクラゲが沢山... クラゲ観察には絶好の場所化もしれませんね。それから、京都から島根までの山陰海岸は、サーフスポットやダイビングスポットとして、人気みたいですね。機会があったら行ってみようと思います!

1 2 3 6
Copyright(C)  与謝野日々是 - 与謝野町観光協会 All Rights Reserved.