与謝野モダンの旅

大正期から昭和初期にかけて日本に欧米文化が浸透し、華開いた昭和モダン。
時をほぼ同じくして、ここ与謝野町にもそんな華やかで活気に満ちた波が訪れます。
ちりめん産業に賑わう町には、洋館が建ち、通りは人とモノが行き交い、新しく鉄道も敷かれました。
また、当地出身の与謝野礼厳を父に持つ与謝野鉄幹や晶子をはじめ、多くの俳人・歌人が訪れ、活況する町に情感あふれる俳句や短歌を添えています。

そして現在、町には当時の昭和モダンと、いにしえと今を繋ぐ新しい名所が調和した、独自のモダン文化・与謝野モダンの空気が流れています。

これまでも、これからも、ずっとモダン。
与謝野モダンの旅は、訪れるあなたに憧憬の想いと、新しい感動をもたらします。