与謝野モダンの旅

ちりめん産業がもたらした華やぎの町

丹後ちりめんは、加悦谷地方では、享保7(1722)年に木綿屋六右衛門、手米屋小右衛門、山本屋佐兵衛らが京都西陣より伝えた技術をもとに発祥し、その後峰山藩・宮津藩の保護により地場産業として根付いた、与謝野町を語る上で欠くことができない産業です。大正から昭和30年代までは特に隆盛を誇り、華やぐ町を創り上げました。
ちりめん街道

重要伝統的建造物群保存地区語り部の会ガイドのご案内

 

与謝野町加悦地区の旧街道は「ちりめん街道」と呼ばれ、商家や医院、銀行などかつての町の賑わいを伝える建物が多く残されています。

旧尾藤家住宅 0772-43-1166

与謝野町観光ガイド(与謝野町語り部の会)

与謝野町語り部の会では、与謝野町を訪れる皆様に満足していただけるよう、“ おもてなしの心”を持ってご案内しています。
■ご案内する観光施設語り部の会ガイドのご案内
●ちりめん街道 ●与謝野町立古墳公園 
●加悦SL 広場
与謝野町観光協会 0772-43-0155